女性を保護するためのレボノルゲストレル

レボノルゲストレル使用時の注意点を確認しましょう。

レボノルゲストレル使用時の注意を説明する医師

確実に避妊をするならレボノルゲストレル

確実に避妊をするなら、レボノルゲストレルという成分の含まれているアフターピルを服用することができます。
ピルを処方する医師まず、服用するのも医者から正しい指導を受けながら、処方してもらったシートを決められた時間に飲む必要があります。
緊急避妊用としてもアフターピルを処方してもらえますが、高容量のピルだったりするとすぐに1錠、その12時間後に1錠飲むなどと飲み方もルールがあるわけです。
医者によっては中容量のピルを2錠ずつ飲むように処方して、指導してくるところもありますが、避妊の効果を高めやすくなる服用の仕方をアドバイスしてくれます。
緊急避妊用に服用する場合、避妊に失敗してから24時間以内に服用することができると、ほぼ確実に避妊ができます。
短期間に大量のホルモンを摂取して、体内のホルモンの量を急上昇させてから一気に下げられるのです。
そして、無理やり出血を起こして着色不能にできるわけです。
服用するタイミングも避妊としては重要になってきたりもしますが、長期間にわたって高温期の状態にしないのも大事だからです。
現在、避妊用のピルを服用しているなら避妊に失敗するというケースは少なくなってきますが、心配な際は医者に説明を求めるのもありです。
緊急避妊の目的でピルを服用したならば、出血が確認できるまでは性行為を控えるのがもっともです。
出血確認までに何度も緊急避妊は出来ないのでそこは慎重になったほうがいいです。
注意事項などは医者に処方してもらうときに質問してみたほうがわかりやすくなってきます。
万が一の時には役に立ちやすいですが、受精したとしても生理前の状態を引き延ばせるので、数日間の着床を防いでくれるなどのメリットもあります。