女性を保護するためのレボノルゲストレル

レボノルゲストレル使用時の注意点を確認しましょう。

レボノルゲストレル使用時の注意を説明する医師

子宮筋腫治療でのピルと保険適用外のレボノルゲストレル

子宮筋腫治療中の女性子宮筋腫は、子宮を形成している平滑筋の一部が変化する良性腫瘍であり、近年のライフスタイルの欧米化により30歳以上の女性の20%~30%が患っているとされ、特に40歳以上の女性の4人に1人は子宮筋腫を持っているとされています。
腫瘍には、悪性腫瘍と良性腫瘍の二種類がありますが、基本的に良性腫瘍は生命にかかわる事は無いとされ、小さな筋腫に対しては特別な治療の必要はありませんが、筋腫が大きくなると強い月経痛や過多月経貧血などの症状に加え、不妊や分娩障害などの重篤な症状を発症するリスクが高まります。
治療法には、子宮全部を取る子宮全摘術や筋腫だけ取る筋腫核出術、子宮に栄養供給する血管を塞ぐ子宮動脈塞栓術などの外科的手術と薬剤により閉経状態する偽閉経療法やピルによる投薬治療があります。
しかし、子宮筋腫患者に処方されるピルは、経血の量や月経期間の減少など月経にかかわる症状の緩和を目的として保険が適用される中容量ピルを処方していますが、薬効により子宮筋腫が小さくなる事は期待出来ないとされています。
日本国内で避妊目的で用いられているレボノルゲストレルなどの低用量ピルは、高容量ピルや中容量ピルと比較して含有ホルモン量や副作用が少なく、第2世代合成卵胞ホルモン剤であるレボノルゲストレル自体もエチニルエストラジオールやメストラノールに比べて非常に副作用が少ない薬剤です。
しかし、子宮筋腫の治療にレボノルゲストレルなどの低用量ピルを処方すると保険適用外の自由負担となります。
レボノルゲストレルに含まれる合成卵胞ホルモンは、肝臓に関連する血液凝固因子を増やす作用がある為に、静脈に血栓が出来易くなる副作用があります。